国内ビジネススクール(MBA)入学の経営学基礎講座について-MBAゼミナール

経営学基礎講座

経営学の基礎について

ビジネススクール入学において経営学の知識や経験がどの程度あれば良いのか不安になる方もいるのではないでしょうか。

入学してから経営学について深く学ぶということは前提ですので、必ずしも入試段階では幅広い知識が必要というわけではありません。

しかし、入学試験には経営者の方もいればコンサルティング会社で働いている方などもいますので、その中で合格するためには経営学について0ベースから学ぶという状況では合格までたどり着くのは難しい可能性が高いと言えるでしょう。

ビジネススクールの試験は大学入試とは異なっており、①研究計画書、②筆記試験 ③面接試験の3段階でどんな人物かを総合的にチェックしています。

②の筆記試験を用いているのは難関校と呼ばれている学校で、一橋、京都、神戸、東京都立、慶應、早稲田などです。
※新型コロナウイルスの影響により筆記試験を行っていない学校もありますので、筆記試験があるかどうか事前に確認しておきましょう。

過去の筆記試験ではフレームワーク理論などの直接知識を問うものやビジネス知識がないと解けない長文読解も出ており、研究計画書や面接試験でもある程度経営学の知識がないとスムーズな受け答えや説得力のある文章に繋がらないでしょう。

特に若手の方や学部卒からそのままビジネススクールを目指している方であればビジネス知識や経験において不利な点は否めません。

また、入学してから授業でケーススタディやグループワークなども多く行われますが、経営学の基礎がない分野に関しては苦戦する方も少なくありません。

入学試験はもちろん、入学後のためにも今後のキャリアアップのためにも経営学の基礎については常日頃から情報を収集してアップデートしておくことが望ましいと思います。

英語力に関しては学校にもよりますが、国内ビジネススクールではあまり問われないことも多いです。

ただし、学校によっては英語での面接や授業がある場合もありますので、事前に調べておくのがおすすめです。

経営学基礎講座について
経営学基礎講座について

MBAゼミナールではビジネススクール入学対策はもちろん、入学後にも役立つ経営学の講座をご用意しております。

内容としてはクリティカルシンキング、経営戦略、マーケティング、アカウンティング、人材組織です。

経営学初心者レベルの方からでも安心して受講いただけます。

よくある質問について
Q経営学基礎講座はどのようなことを行っていますか?
Aビジネススクール入学対策はもちろん、入学後にも役立つ経営学の講座をご用意しており、内容としてはクリティカルシンキング、経営戦略、マーケティング、アカウンティング、人材組織になります。
Q経営学初心者でも大丈夫ですか?
A経営学初心者レベルの方でも分かるように進めていきます。講義や課題、解説の他に新聞や本、ネットなど情報のキャッチアップやブラッシュアップをしていくことで着実に理解が深まっていくと思います。
Q経営学基礎講座は対面ですか?オンラインでしょうか?
A経営学基礎講座は①事前講座、②課題、③解説講義に分かれており、③解説講義は対面、①事前講座、②課題はオンラインで行なっておりますが、場合によっては変更することもあります。また、遠方で通いにくい方や都合が合わない方には全てオンラインで完結できるようにいたします。

 

プログラム詳細